婚活パーティーNavi トップ > 結婚するために必要な心構えとは(女性向き)

結婚するために必要な心構えとは(女性向き)

結婚に向かない性格

結婚に向かない性格の為不仲になる男女

婚活するには結婚が目的ですが、
なんとなく婚活を始めている人も多いと思います。
結婚は他人同士が夫婦になるという奇跡の様な出来事なので、
もちろんそれが向かない人もいます。

 

本当は結婚に向いていないのに、婚活している人もいます。
婚活する上では、そういった人たちにはなるべく出会わないようにしましょう。
またこういった傾向があると結婚できにくいので、
自分に当てはまる場合は婚活中に直しましょう。

一人の時間が好き過ぎる人

人間誰でも一人の時間は欲しいなと思う事はありますが、
一人の時間を絶対的に中心に考えている人は結婚には向きません。
一緒に住むと必然的に一人の時間は減りますし、
それを我慢しなければなりません。
最低限それはクリアしないと結婚できません。
また、それと同時に独りよがりの性格の人も結婚に向きません。
一人の時間が好き過ぎる人は独りよがりな性格の人が多いです。
独りよがりな性格の人は付き合っていても、
相手に安心感をもたらすことが下手です。
むしろ相手にパートナーは必要ない、結婚しなくても良い、
というような不安を与えてしまいます。

家族への依存が強い人

両親などといった家族への依存が強い人も結婚できにくいです。
長年実家暮らしをしていると金銭的にも余裕があり、
家事の面でも楽なのでつい家族には甘えてしまいます。
逆に、一人暮らしの人間は自分で全てをしなければならないので、
結婚願望は強くなります。
一人暮らしの人間は早くパートナーを作って、
金銭的にも楽になりたいからです。
また、家族と同居している人は
自分が結婚した後に家族が寂しがることを考えてしまったりすると、
余計結婚は遠のいていきます。
物理的にも、精神的にも家族への依存は強ければ強いほど
結婚は遠のくので気をつけましょう。

 

婚活している人は上記の傾向があるという人も多いのではないでしょうか。
多少は大丈夫ですが、行き過ぎると結婚できにくくなってしまいます。
また、そういった人に出会って良い感じに婚活が進んでも、
結局は結婚までは辿りつけないことが多いので気をつけましょう。
こういった傾向は本人達も知らぬうちに、
結婚への弊害となることが多いのです。
婚活しているのになかなか良いパートナーに巡り合えない、という方は
当サイトでも「より早く結婚したい人の婚活方法」を
ご紹介しているので参考にしてみてください。

 

男性の結婚観

男性は基本的に結婚については疎いと思います。
男性は本音を言えば、結婚なんてしてもしなくてもいいんじゃないか、

ぐらいの気持ちの人の方が多いのではないでしょうか。

婚活をするにあたっては、一応結婚というものを
念頭においては活動しているのかもしれませんが、
具体的な想像まではできているでしょうか。
結婚式はこういう風にして、
二人の生活はどのようなものにしようという風な具体的な想像は、
女性に比べて男性の方があまり出来てはいないのではないでしょうか。
参考:結婚が決まったカップルの話

 

結婚願望の強い男性も少数ですがいます。
けれども大半の男性はそうではありません。
何となく落ち着きたいな、というぐらいの軽い気持ちで
婚活を始めた人が多いのではないでしょうか。

特に今は晩婚が当たり前になってきています。
現代では多くの男性は独身を謳歌する方が楽しいと思っているかもしれません。

 

つまり男性の結婚観といっても、ほとんどの男性には結婚観はありません。
あったとしても、女性ほど具体的な結婚観を持っている男性は少ないです。

婚活をする男性はほとんどが働き盛りの世代です。
忙しい仕事の合間を縫って、婚活パーティーに参加している男性が多いはず。
そういう期間は基本的に男性は仕事の事を中心に物を考えます。
決して結婚のためにや、女性を一番に考えて行動することはありません。
仕事が一番である、それが男性の本音であり、ある意味で結婚観です。

 

女性はこの男性の結婚観を理解しておきましょう。
結婚するにあたって、男性が働いていることは絶対条件。
ならば男性が仕事中心で行動しても、ある程度は仕方ないと思いましょう。
仕事をしてもらわなければ家族を養えません。
女性は男性に合わせて仕事が一番だと考える男性の気持ちを、
まずは尊重して行動しましょう。

 

けれども男性は結婚観と言ってもあまりピンとは来ないかもしれませんが、
一応は具体的に考えておいた方が婚活では得です。
多少は具体的に、こういった奥さんが欲しいとか、
どういうところに住みたいとかぐらいは考えておきましょう。
その方が婚活では相手選びの基準となってやりやすくなります。

 

結婚に必要なもの

結婚は紙とペンとハンコがあればできますが、
本当に良い結婚をしようと思うならいろいろ準備が必要なもの。
婚活をしていく上でも、それは頭に入れておきましょう。

 

まずはお金。
結婚式や新婚旅行をしたいなら、もちろん大きなお金が必要になります。
しかしそれ以前に、結婚は二人だけの問題ではなく家同士の問題でもあります。
二人がすることだけではなく、それに付随するお金も色々と必要です。

例えば、結婚式をしなかったとしてもお祝いを頂くことはもちろんあるでしょう。
お祝いを頂いたらお返しをしなければなりません。
お祝い以上のお金は必要無くても、
あらかじめお返しは先に準備しておくためにお金が必要です。
また式などをしなくても、住むところの準備にはお金がかかります。
結婚にはなにかとお金は必要なのです。

 

最低限のお金が準備できれば、あとはきっかけです。
なんとなく二人でずっと付き合っていて、
お互い結婚を意識していたとしても、きっかけが無ければ結婚できません。
とくに男性はそういったきっかけを自分からは作りにくいものです。

私の場合は旦那の両親の後押しがきっかけでした。
早く結婚しなさいと、旦那の背中を押してくれたから結婚に至っただけ。
また、私の友達で逆プロポーズをした女性もいます。
急に思い立ったらしく、「結婚してくれるの?」と言ってしまったらしいです。
もちろん無事結婚しました。

 

きっかけはそんな単純なものです。
けれども、何にせよ何か背中を押してくれるものは必要なのかもしれません。
相性がいくら良くても、いくらお金や住むところの準備が整っていても、
きっかけがなければ結婚できないものです。

 

婚活もまた同じです。
何かきっかけさえあれば、結婚相手に巡り会う事は出来るものです。
婚活パーティーがきっかけで結婚したカップルも沢山いますよ。
きっかけの形も人それぞれ。
お金や現実的な条件ももちろん大事ですが、
最後はなにか神様の悪戯を信じてみるのも良いかもしれません。

結婚に必要なのはお金ときっかけ。

婚活ではある程度、この二つは含まれています。
お金がなければ婚活出来ませんし、結婚願望が無ければ婚活しません。
婚活は結婚のためには必要なものは
ある程度揃えてくれていると言って良いでしょう。

 

結婚には時間をかけて

婚活するからには、最終目標は結婚です。
では結婚とは何なのでしょうか。

人それぞれ結婚に対する考え方は違うと思います。
男性と女性でも違いはありますし、年齢によっても違うと思います。
婚活するためにも、結婚とはどういうものかを考えておかなければなりません。

 

たったの紙一枚で出来ることですが、結婚とは人生の一大イベントです。
自分の身の回りの人間が全員総出でお祝いしてくれることは、
人生でもこの瞬間しかないでしょう。

 

また結婚は、生まれた場所も環境も全く違う人間が、
同じ家族になるという奇跡的な出来事でもあります。
できちゃった結婚なども今では当たり前になってきていますが、
結婚は人生において非常に大事なことです。
軽々しくは、考えないようにしましょう。

 

二十代も半ばを過ぎれば、だんだん身の周りが慌ただしくなっていきます。
いくら晩婚が増えていても、周りが結婚結婚と騒ぎだすと
どうしても焦ってしまいます。

焦る気持ちはわかりますが、人生の一大イベントを大切にするためにも、
じっくり時間をかけて考えましょう。

婚活で相手を探す上でもそうですが、
付き合い始めてからもそんなに焦らないようにしましょう。
特に男性は、結婚に関しては早くしたいと思っている人が少ないので、
少し余裕を持って女性は構えておきましょう。
そうしないと、逆に結婚は遅くなっていきます。
男性は結婚をせかされるのを非常に嫌がります。
ゆっくり、結論は急がずに。

 

出来ちゃった結婚にも多い話ですが、
結論を急ぎ過ぎた結婚ほど長続きはしません。
子供ができると離婚はしにくくなるので、それであえて長く続けたりもします。
けれども熟年離婚も増えています。
たとえ子供がいるからといって、
それが二人を生涯添い遂げる理由になるのかというとそうではありません。

 

結婚についてはとにかくゆっくり考えましょう。
本当に望んでいる相手と結婚できるのか、生涯添い遂げる自信はあるのか。
考えることは山の様にあるはずです。
まずは結婚とは何か、考えましょう。

 

女性の結婚観

婚活している女性のほとんどは、男性と違って具体的な結婚観を抱いていると思います。
女性の場合は結婚するとその先には自身の自由が制限されてきてしまいます。
ですからなるべく今のうちに具体的に考え、対策を立てておきたいのです。

 

妊娠出産となれば身体も変化しますし、生活は子供中心となります。
婚活する時にそういった計画も想像してから女性は結婚相手を選びます。
女性の方が身体の仕組み上、必然的に用意周到となるのです。

だから是非、女性は用意周到になって下さい。
自由に選べるのは今だけかもしれません。
婚活自体を楽しむためにも、
どういう結婚を望むのかはよく考えておきましょう。

 

女性に関しては結婚を現実的に捉えている女性の方が、
印象も家庭的にも見えて有利です。
具体的な想像を沢山しておいた方が良いです。
結婚したらこういう料理を食べさせてあげて、
こういう夫婦生活を送ってなど、よく具体的に考えて
結婚観を固めておきましょう。

 

しかし男性に対して経験の少ない女性や
今まで良い恋愛経験が無い、という女性は要注意です。
そういった女性はあまりに結婚に対して高い理想を抱き過ぎてはいけません。

結婚も恋愛の延長、大差はありません。
今までしてきた恋愛と婚活は違うはず、という過度の期待は止めましょう。
婚活を始めたからといって出会う男性が良い人ばかりとは限りませんし、
女性自身が変わらなければ周囲の状況も変わりません。
今までしてきた恋愛が良くないのであれば、
婚活して結婚してもそのまま良くない結婚になってしまうものです。

女性は結婚観を具体的に持っておくことは必要ですが、
相手の男性に対しての過度の妄想や期待は止めましょう。
そこはあくまで、婚活して出会ってからを大切にして下さい。

 

どういう結婚式をしたくて、どういうところに住みたくて、
将来は子供が何人欲しくて、などの具体的な妄想は良いです。
結婚観として持っておきましょう。

ただそれも、婚活で男性に伝えるのは止めておきましょう。
具体的な将来像まで婚活で男性に対して語るのは男性にとっては重たいです。
あくまで、自分の妄想の中に留めておきましょう。
女性の結婚観は男性にとっては現実的過ぎるのです。

 

価値観の違いについてお悩みの人のために

結婚や離婚、生涯のパートナーを選ぶには
深く関わってくるのが価値観の問題です。
価値観については、婚活をしている人ならば
一度は皆考えたことがあると思います。

良い結婚をするためには価値観の問題は外せません。
婚活している人は皆、自分と近い価値観の人間を
パートナーとして選びたいはずです。

 

けれども婚活において価値観が同じ人を探すのは困難なこと。
婚活では全くの初対面同士で出会うのですから、
価値観の違う人がいて当然です。

そもそも価値観とは、その人間が今まで
どういった環境で育ってきたかが大きく関わってきます。
ですから学校や職場といった男女が共同作業をできる場所では、
価値観を共有しやすく、パートナーを探しやすい傾向があります。
また、それまでの環境が似た様なものである可能性も非常に高いです。

例えば一流企業での同僚同士のカップルとなれば、
男女とも大学も良い大学を出ているでしょうし、
それならば高校までの環境も比較的整っていたものだと考えられます。
環境が似ていれば価値観も似てきます。
今まで育ってきた環境が経済的に豊かであるかそうでないか、
勉学に熱心だったのか、それとも高校生から仕事に熱心だったのかなどなど。
価値観とはそういった自分が育ってきた環境に非常に左右されるものなのです。

 

ですから婚活では、ある程度は条件を絞るのは
価値観が共通のパートナーを見つけやすくするためには良いかもしれません。
価値観を共有できるパートナーを探したいという面では、
学歴によって相手を選ぶのは良いことです。

ただ単に高年収や高学歴だけを望むと、上手くいきません。
今まで自分が育ってきた環境と照らし合わせて判断することが良いのです。
私自身経験のあることですが、高学歴の相手と出会うと
やはりそれを感じさせられるものがあります。
会話をしていても、たまによく理解できないことなどがあったりするのです。
私が高学歴では無いので、そういう方とは釣り合わないのだな
と思った経験があります。

 

ただそれだけで価値観を判断するのも早計ではあります。
学歴や職歴だけでは分からない相手の価値観もありますので、
実際に会って会話をしてからがやはり一番の判断の基準になります。
高学歴の人でも学歴なんて全く関係ない相手との方が合う人もいます。

基本的に価値観を共有するには、
相手の人間性をよく見て判断するほかないのです。
自分より学歴が下だから無理、というのは決めつけ過ぎです。
同じ学歴だからといって合うとは限りませんし、
また合わないとも限らないのです。

 

価値観を共有できる相手の探し方

婚活で価値観を共有できる相手を探すには、
まずは前にも述べた様にプロフィールである程度探すのは一つのやり方です。
学歴もそうですが、家族構成などによっても価値観は違ってきます。
そういった様々なプロフィールから
相手の価値観を読み解くのは婚活では有効です。

 

例えば家族構成。
家族構成もなるべく自分と似たような環境の方が、
価値観は共有しやすいです。
一番参考にできるのは兄弟構成。
自分が長男ならば絶対に長女系の方が価値観は合います。
自分が末っ子なら末っ子タイプが良いです。
兄弟の数にも関係はあります。

概して一番上の子は責任感が強く、しっかりしていますが
頑固でプライドの高いタイプが多いです。
これらはカップルになるとぶつかって相性が良くない様にも感じられます。
しかしプライドが高い人と低い人が付き合うと、
なぜそうなのかがお互い理解できないことが多々あります。
プライドは高くても低くてもどちらでもいいのですが、
価値観を共有する上では相手と同じ方が良いです。
たとえ喧嘩してもそれはお互いのために必要な喧嘩のはずなので、大丈夫です。

 

他には趣味なども参考になります。
どれぐらい相手がそこに時間を割いているかにもよりますが、
一つの趣味を持ち続けそれを熱心にしているのならば、
相手の根気強い一面が見られます。
多趣味でどれもあまり続かないのは飽きっぽく、
何事に対しても好奇心が旺盛過ぎて注意力散漫な一面が。
これもまた相手の価値観を知る上では大事なツールとなるでしょう。

 

出身地も意外と参考になります。
出身地が大都市かそうでないかも一つの判断基準です。
例えば田舎の出身の場合、将来的に住む場所として
一戸建てを考える人の方が多いです。
田舎の場合は自分も、周りの人間も住んでいるのはほとんどが一戸建て。
そういう環境で育つと将来家族で済むのは一戸建てが当たり前、
というような価値観を持ってしまいがちです。

大都市に生まれ、そこにずっと住んでいればそれは理解しにくいと思います。
出身地は大都市か、そうでないかで判断して
同じ人を選んだほうが価値観は共有しやすいです。

 

この様に相手のプロフィールだけでも、
価値観を共有できる可能性のある相手を選ぶことはできます。
プロフィールを上手く使って、自分の価値観と合う人を探してみて下さい。
もちろん逆に価値観の全く違う人を探し出す手助けにもなります。
価値観は合うばかりが良いとは限りません。
そういう相手を探したい時にも、プロフィールは参考になるのです。

 

価値観を共有できる婚活の仕方

婚活のやり方自体を考えて、相手の価値観を見抜けるような婚活方法もあります。
最初に述べましたが、価値観は相手との共同作業によって
見抜けることが多いのです。
学生時代や職場での出会いが多いのはそういうことです。

ならば婚活で相手と共同作業ができるものにすれば良いのです。


例えばそれは趣味を生かした婚活。
最近は料理教室や、一日バスツアーの婚活など様々なものがあります。
これらを利用すれば価値観が共有できそうな相手を探すことができます。

特に趣味が共有できれば共同作業もできてなお良いと思われます。
まったく知らない相手同士でも、例えばスポーツなどを一緒にして
一緒に汗を流せば分かりあえることもあります。

>>スポーツ好きにお勧めの婚活パーティー

私は趣味で音楽をやっていて、全く知らない人の中に
飛び込むこともたまにあります。
最初は緊張しますが、他人同士でも同じ曲、同じ目的に向かって進んでいると
自然と打ち解けてくるものです。

 

婚活でも同じです。

共同作業をするのは価値観を共有するにも良いのですが、
お互いに打ち解けるのも早くなる効果があるのです。

そういった趣味以外でも、一日バスツアーなどで
一日中相手と一緒の時間を過ごすのも
価値観を共有できるかどうかを探るには良い婚活です。
特に普段の生活であまり婚活をしている時間が無い人には効果的かもしれません。
たまたま空いた一日を、集中して婚活に使うのは良いかもしれません。

 

一日中一緒に何か行動をしていると、相手の性格や価値観はわかってきます。
例えば学生の時、研修旅行や合宿に行ったことはありませんか?
そういう他人と寝食を共にするような行動は、互いの関係を深めます。
つまり婚活の一日バスツアーなども同じ効果が得られるのです。

 

共同作業は相手の価値観を知る上では欠かせません。
結婚してからは全てのことが夫婦での共同作業。
お互いに協力し合っていけるかどうかは、共同作業で分かってくるのです。
自分ができないことを相手がしてくれるとか、
自分が困っている時に相手が助けてくれるなどは大事なポイント。
そういう時にたとえ初対面同士でも
相手が助けてくれると一気に距離は縮まります。

 

共同作業がスムーズに進む=価値観が共有できやすい、
というのは一つの構図です。
仕事でも同じ目的を持っていれば仕事しやすく、
息の合った仕事ができると思います。
それをパートナー選びでも生かしたいですよね?
ならば自分と息の合ったパートナーを共同作業のできる婚活で探してみて下さい。

 

価値観を共有するとは

価値観は共有した方が夫婦生活は上手くいきます。
しかし全ての価値観が共有できるわけではなく、
多少はお互い違う価値観を持っていて当然です。
他人同士なのですから、全く同じ価値観は共有できません。

 

婚活において完璧に価値観が合致する相手を探そうとしても無理です。
そんな相手は存在しません。

要は自分が何を重要視するかが問題です。
何を一番に考えて行動できるかによって価値観は変わります。
それが同じであれば、他は多少違っても良いと思います。
つまり、相手のことを一番に考えて行動できるかどうかが、
婚活では重要な価値観となるのです。

 

その他、お金に関してや生活に関しての価値観はどうしても皆違いがあります。
男女でも違いはありますし、育った環境が違うなら尚更です。
一番必要な価値観さえ共有できていれば良いのです。

例えば共同作業、婚活で相手と一緒に料理をしていたとします。
料理は上手くできれば良いですが、婚活での料理教室なら
それが一番の目的では無いはずです。
一緒に料理を楽しみつつ、相手のことを知るのが婚活。
相手をそっちのけにして一生懸命料理を作っても仕方がないのです。
相手のことを考えて行動できなければ料理も何も関係ありません。
せっかくの共同作業なのに、それに夢中になって
相手の存在を忘れてしまう様な相手には気をつけましょう。

 

相手のことを考えて行動できる、という価値観は結婚する上で最も重要ですが、
その他を無視できるかどうかも重要です。
婚活をしているとその他の価値観が気になって仕方がなくなります。

仕事に関しての価値観、お金に関しての価値観、生活に対しての価値観。
それらは確かに大切ですが、一番に重要視する問題ではありません。
それらは価値観が違っていても仕方がないですし、
どちらかがしっかりしていれば問題ありません。
むしろそれらは付き合ったり、結婚生活を営んでいくうちに
共有できる可能性があります。
その他の価値観は重要視しない方が良いです。
そういうことを無理に追い求めていると、相手を見失ってしまいます。

 

相手のことを一番に考える価値観を持っていてくれれば、
それだけで良いぐらいです。
その価値観が共有できていれば、良いカップルになりますし良い夫婦になります。
価値観は違って当たり前のものと思っておいて下さい。
ただ一つの価値観が合えば良いのですから。

全く違った価値観を持った二人が共同生活を営んでいくうちに、
やがて同じ価値観を持てるようになる、これが結婚生活のあるべき姿なのです。
そう考えると、婚活パーティーなどでの短い時間でも
相手がどんな価値観を持っているのか、少し分かるようになります。
相手への気配りが出来る人なのか、自分のことばかり話していないか
チェックしてみると良いでしょう。

 

結婚しやすい人

学生時代を過ぎてあっという間に結婚して行く友達たち、
中には意外な人もいたりしませんか?
数年後に離婚していたりもするかもしれませんが、
基本的に早々と結婚しやすい人種はいます。
出来るだけ婚活ではそういうオーラが出せるようにしましょう。

大人しそうで、やや見た目が良い人

ぶっちゃけて言うと、見た目の印象が無難な人たちから早く結婚できます。
日本人はなにごとも丁度いいぐらいを一番好みます。
美人過ぎても、優しすぎても、ダメ過ぎても、なかなか結婚できません。
すべてにおいて平均よりやや上ぐらいが、一番結婚しやすいタイプです。

人に合わせるのが上手な人

会話においても、行動においても人に合わせるのが上手な人は
付き合った相手にも合わせるのが上手なので、
付き合い自体がスムーズで結婚にも早く辿りつけます。
男女問わず、自分が引っ張っていくよりも、
相手に合わせるタイプの方が婚活では好まれます。
また逆に、婚活ではそういうタイプの人間はターゲットにしやすいので、
いち早く狙われやすいです。
誘いやすそうだな、というオーラが全身から出ているので
皆それを感じてしまうのです。

甘え上手な人

誰にでも甘えるのが上手な末っ子タイプは、
時として獣のような速さで獲物をとらえます。
甘えないと、人に頼らないと生きていけないので、
頼れそうな相手が見つかると本能的に頼ります。
一度頼れると判断すると、後はもう絶対相手を逃さないので
そのまま結婚までひた走るタイプも多いです。
ただ、相手が我慢の限界を迎えるとすぐに破滅します。
離婚が多いのもこういったタイプのカップルです。

 

結婚しやすい人にもそれぞれ特徴があります。
しかし一番言えることは、結婚しやすいからと言って
幸せになれるのかはまた別問題ということです。
結婚するだけでは何も始まりませんし、完結もしません。
ここからがまた人生の始まりなのです。

 

たまたま早く結婚できただけで全てを手に入れることができる訳ではなく、
幸せはそこから作るもの。
結婚しやすいかそうでないかは、
婚活においては少しは意識しても良いかと思います。
けれども、周りが早く結婚して行っても焦らず、
良いパートナーを探すことを一番に考えましょう。

口コミで人気の高い婚活パーティーは狙い目!
自分にあった婚活パーティーに積極的に参加をし、
チャンスをたくさん作って行きましょう。

 

結婚したいのか分からなくなってきた人達のために

婚活を続けていても良い結果が出ず、
なんとなく婚活を続けている状態が続いているとふと
「あれ?本当に結婚したかったのかな?」なんて疑問が出てきます。

婚活だって続けるにはお金もいるし、時間もいるし、根性も必要です。
これ以上無駄なことに時間やお金を費やすより
もっと有意義な使い方があるのでは・・・?
婚活が長引けばそういった疑問が心に浮かんでくるのはもっともです。

 

婚活では特に条件によって相手を探すことが多いです。
年収、見た目、職業、性格などなど。
条件に振り回されながら婚活を続けていると、
いつの間にか条件ばかり気にして本人そのものを見なくなってしまいます。
そうしている内にいつの間にか高望みになり、
いつの間にか婚活を始めて何年も経っていたりするのです。

そして思います。
理想の相手がいないのなら結婚なんてしなくても良いのではないか、と。

 

確かに現代では既婚率は下がり、未婚率は上昇傾向。
独身のまま一生いる人だって少なくありません。
たとえ独身でも幸せに生きる術はあります。

けれども実際には独身者のほとんどは結婚したいと願っています。
独身生活を楽しみながらも心のどこかでこのままじゃいけない、
そう思っているのです。

 

でもずっと婚活をしていれば疲れますしあきらめたくなります。
努力することは辛くなくても、結果が出ないことは辛いです。
頑張り続けるよりさっさと諦めて独身生活を楽しむ方がよっぽどラクです。

婚活は頑張っていればそのうち必ず成功するなんていう保証はありません。
努力を続けても結果が付いてくるかどうかは結局わからないのです。

 

だから本来の目的を見失います。
婚活って何のためにやっていたんだっけ?
結婚しなければいけないのか?そう思うのは当然。

結婚はしなければならないわけではありません。
それだけが幸せになるための方法とは限りません。
婚活を長くしていれば一度は皆そう思うものです。
そこが結婚をあきらめるかどうかの瀬戸際になります。

 

婚活をしていなくても結婚の機会が無い訳ではありません。
けれども婚活をしている方が可能性は確実に上がります。
婚活を続けていく上で今一度自分のテンションを上げるためにも
婚活を見直し、結婚について考え直すことが必要です。

良い相手が見つかれば絶対に一人でいるより二人でいた方が幸せです。
結婚は幸せになるためにするものです。
何歳になっても結婚はできます。
そのためにも結婚を良く考え、そして良い婚活をしましょう。
良い婚活をすることが良い結婚への近道となるのです。

 

自分に合った婚活のやり方を探す

自分に合った婚活のやり方を探す・婚活パーティーを探す男性

結婚をあきらめかけているのは婚活が思うように進まないからだと思います。
とりあえず出会いのきっかけを掴めてもそこから発展しないとか、
あるいは出会いのきっかけすら掴めないとか。
まずは婚活の仕方を見直しましょう。

 

例えば、恋愛経験があまりにも少ない人が
いきなり婚活パーティーにいっても苦労するばかりだと思います。
婚活パーティーはいつでも誰でも気軽に参加できるものが多いのが特徴ですが、
あまりにも経験のない人の場合には大変ですよね。

今までの恋愛経験が豊富で合コンなどの経験もあれば、
どうやって頑張ったらいいか多少はわかります。
けれどもそういった経験が皆無の人には、
右も左もわからないまま時間が過ぎていく可能性もあります。

 

恋愛経験の少ない人はまずは結婚相談所の様な所に行って
アドバイザーの人に相談して婚活を勧めていく方が良いです。
出会いや恋愛のことですから先生がいて教えてくれるわけではありません。
ですから結婚相談所の様な所が親切で良いのです。

 

このように、自分に合っていない婚活の仕方をしていても
なかなか良い出会いは生まれません。
今まで婚活が上手く行かなかったのなら、
まずはそのやり方を一度見直してみましょう。
今までの恋愛経験の中身や回数などによって人は恋愛の仕方が変わります。
それに基づいた婚活をするのが一番です。

 

多くの人はそれなりに恋愛経験もあって、
けど結婚できないから婚活している人が多いと思うのですが、
そういった人はどうやって自分に合った婚活を見つければいいのか。

 

婚活も今は様々なやり方があります。
普通の婚活パーティーにも飽きてきたら、
今度は何かに特化した婚活パーティーに行ってみるのも良いと思います。
例えば料理婚活バスツアー婚活
今はそういった一風変わった婚活パーティーがあるので
体験としても楽しめて良いと思います。

人それぞれ合った婚活の形があるはずです。
今の婚活のやり方では無いものを経験していきましょう。

 

ちなみに最終的な手段としてお見合いもあります。
しかしカジュアルなお見合いなども増えてはいますが、
お見合いとは本格的なものです。
結婚に至るのは早いですが形式的なことも多いですし、
数カ月という短期間で結論を出さなければならないのがお見合いの特徴。
もちろんお見合いでも良い出会いはあると思いますが、
一般的に考えられる婚活とお見合いとは違いがあるので気をつけて下さい。
お見合いをするのはご家族とよく相談してからの方が良いでしょう。

 

結婚を考える

なんで結婚しなきゃいけないのか、それが分からなくなってきているのは
結婚そのものに疑問を抱き始めているからです。
次に結婚についてもう一度考え直すことが必要です。

 

婚活をしていると結婚はしなければならないもの、そう考えてしまいます。
結婚が義務の様に感じてしまうのです。
それでは婚活も業務的になってしまって良い出会いは生まれません。

 

婚活していて良い相手に出会ってもイマイチその先に踏み込めない。
または良い感じだと思っていても相手からの反応は無い。
それは結婚相手としてはどうなんだろうという疑問を
持ってしまうからではありませんか?

 

確かに大体はいいけれど、結婚相手としてはベストでは無いだろうとか。
他にもっと良い人が現れるんじゃないだろうかとか。
婚活ではついついそういった疑問が浮かんできてしまいます。

それが婚活が進まず、結婚を現実的に考えられない原因です。
婚活では確かに多くの人に出会いますが、
良い出会いが必ずしもすぐくるとは限りません。
それを忘れてはいけません。
一度一度の出会いを大切にしなければ婚活は進まないのです。

 

何人かと出会った中でまあまあ良い感じの人がいて、
それなのにその人を相手にしないのは出会いを無駄遣いしています。

ちょっとでも良いと感じたらとりあえず二人で話す、
あるいは話す機会を作りましょう。
まあこれぐらいならまた出会えるから、そう思っていると一生結婚できません。
全く同じ人なんていないのですから。

 

婚活に行き詰っているあなたは、婚活の中で
いつの間にか良い出会いをたくさん逃しているかもしれないのです。

理想が高くなくても「次があるから」なんて考えていると
あっという間に年をとります。


結婚を現実的に考えて下さい。
結婚には本当に理想や条件は必要でしょうか?
もっと良い相手、そう考えていたら結婚なんて出来ません。

妥協では無く、今目の前にいる相手を自分の一番の相手にすることが大切。
目の前の相手と向き合って、その人が自分の特別の相手になれるかどうかは
自分次第。結婚とはそういうものです。

 

結婚も結婚生活も、良いものにするにはそこから努力しなければならないのです。
最初から良い結婚相手なんて存在しません。
良いパートナーになれるかどうかはその後次第なのです。
婚活の様に多くの人に出会っても、結局結婚できるのはたった一人。
選ぶのでは無く作っていくことが結婚なのです。

 

婚活している人に、結婚のススメ

既婚者の私が考えるに、婚活していても中々良い人に出会えないというのは大体高望みしすぎなのだろうと思います。

 

私の主人は高収入な訳でもないし、家事はもちろんできません。人見知りの頑固もの、かつ亭主関白な性格なので喧嘩もしょっちゅう。けれども今のところ二人で仲良く暮らしています。付き合ってから数えるともう8年にもなります。色々なことがありましたが、今でもはっきり主人を「好き」と言えます。

 

そんな私から見れば、入口からそんなに選んでいてはそら出口までは辿りつけないだろうと思ってしまいます。婚活しているとまず入り口はたくさんあります。相手はある程度選ぶことができるからです。けれども結婚という出口は一つしかありません。その入口が出口に直結しているとは限らないから、みんな入口で迷うのでしょう。

 

けれども実は結婚という出口に辿りつこうと思ったら、壁を壊してでも前に進まなきゃならないことだってあるんです。入り口を入って真っ直ぐ進んでいたらいつの間にか出口でした、みたいなことはめったにありません。一度入り口から入ったら出口に出るまで掘ってでも進むのが結婚なんです。

それを入り口から入ってすぐ壁だったからあきらめてまた新しい入口から入り直す、なんて繰り返しているから結婚できないのです。ちょっと相手に欠点があったぐらいであきらめる、それでは婚活は進みません。諦める前に一度考え直してみて欲しいのです。

 

「相手のその欠点は、本当に受け入れがたいほどのものですか?」

 

婚活ですと、話が下手な人や人見知りの人、神経質な人、空気の読めない人などなど多くの人に出会います。例えば話が下手な人はそれだけで結婚はダメ、と思ってしまいますか?話すのが下手でも本当は心から優しくて愛情深い人かもしれません。それならば結婚しようとは思いませんか?

 

欠点があってもそれを受け入れるだけの器用さと、そして忍耐が必要になってくるのが結婚なのです。「良い相手が見つからない」のではなく、「良い相手を見つけることができない」のが今あなたのの婚活の現状。はっきりとした意思と目的をもう一度確認して婚活に臨みましょう。そうすれば必ず良い相手は見つかります。

 

私が結婚して一番良かったことは、一人じゃないと思えること。

社会が不景気で厳しくても、天災が起ころうとも二人で取り組んでいけることが何より私の幸せです。結婚とはそういうもの。

 

今婚活している人はそういうパートナーが欲しいから婚活しているのではないでしょうか?皆そうだと思います。ただ単にそれを忘れているだけ。

毎日忙しく働いて、その上婚活していたら目的も忘れがちになります。もう一度自分がしたかったことを思い出しましょう。

 

「どうして婚活を始めたのですか?」

 

婚活のための女磨きとは

女磨きが最近流行りです。
趣味、習い事、スポーツなど女を磨くために婚活女子は毎日頑張っています。

でもその女磨き、大丈夫ですか?
それをやったら本当に婚活に役に立ちますか?
ここでは婚活のための女磨きとは何か考えていきましょう。

 

まず今やっている女磨きのための行動を並べてみましょう。
現代では様々な女磨きがあります。
料理、茶道、ゴルフ、英会話、ワインスクール、エステ通い、
ネイルサロン、音楽などなど。
独身女性がよりいっそう女を磨くためのツールはさまざま。

けれどもこういった女磨きの中でも
全てが婚活に本当に役立つかどうかはまた別の話。
何が婚活の役に立つもので何がそうでないものか、
それを考えて女磨きをしないと婚活では意味がありません。

 

例えばネイルサロンなどは果たして婚活の役には立つのでしょうか?
ネイルサロンに通ってひたすらに美容にお金をかけることで
男性のウケが良くなるでしょうか。

見た目をとにかく良くすれば婚活がうまくいくとは限りません。
もちろん自分のために通っているのだと言われればそれまでです。
しかし婚活を中心に考えるのならば、ネイルサロンに通うことは
必ずしも男性ウケをよくすることにはなりません。
美容にお金をかけ過ぎることはかえってお高い女子に見られ、
誘いにくくなってしまいます。

 

女磨きを100%自己満足のためにやっているのならば何でも良いと思います。
けれども女を磨いて男にモテるんだ、と考えているのならば
女磨きも選んでやらなければなりません。
男性目線で考えることができないと、せっかくの女磨きも
逆にモテない要素になってしまいます。

 

婚活のための女磨きは「花嫁修業」をお手本にするのが一番です。
料理は一番それに近くて良いでしょう。
英会話などの習い事系はまあまあ良いです。
自分のスキルアップのために頑張っているのだなと思われますが、
熱心すぎるとまたちょっと男性に敬遠されます。
仕事に夢中になっている女性のことは、男性はあまり好きではありません。
仕事より自分を優先させてくれないと男性は好きになってくれません。

 

そしてワインスクールやエステ、ネイルサロンなどが一番ダメです。
とにかくお高い女子イメージが付きます。
結婚を考えるにあたって、女性が自分のために消費するお金が
高そうだと男性は嫌がります。
その辺りを良く考えて婚活のための女磨きは選んだほうが良いです。

 

女磨きはあくまで自分のためにするものですが、
その結果を誰も見てくれなかったらやっぱり寂しいですよね?
じゃあ女磨きも選んでから熱心に取り組みましょう。
それをすることによって男性からどう見られるのかを考慮して選びましょう。

 

男性ウケする女磨きとは

インターネットで「女磨き」と検索するとものすごい数の美容グッズが出てきます。女磨きというととにかく外見を磨くことに繋がりがちですが、婚活においては外見よりも内面を磨くことの方が役に立ちます。

 

もちろん多少は外見を磨くことも必要です。婚活を機にダイエットに励むのも良い事かも知れません。けれどもいくら外見を磨いたからといっても、内面が磨かれてなければ男性も振り向いてはくれません。「私こんなに女磨きを頑張ってるのにどうしてモテないんだろう」そう悩んでいる女性は多いかもしれません。それはきっと外見ばかり磨いて内面を磨いていないからなのです。

 

婚活において目標は結婚です。それならば女性の目指すところはまず良い奥さんです。良い奥さんになりますよ、というアピールが婚活の成功に繋がります。つまり婚活のための女磨きとは外見を磨くのでは無くて内面、良妻になるためのものと捉えましょう。前にも述べましたが、料理教室は一番良い婚活にとっての女磨きです。料理上手な女性が嫌いな男性はいません。家庭的な女性を連想させて婚活にはベストです。

 

花嫁修業と言えば他にも茶道や華道があります。これらは現代ではそんなに活用できる場はありませんが、茶道や華道から学ぶ日本の心や文化は女性の内面を磨いてくれます。すなわちこれらは良妻へと導いてくれる女磨きとなります。昔から言われる花嫁修業の類の習い事が婚活では一番役に立つのです。

 

他にはピアノやバイオリンなど音楽系の習い事も男性ウケは良いです。それぐらいまでならお高い女性とまでは言わないと思います。逆にこういった楽器には女性らしいイメージもあって良いです。ゴルフなどのスポーツも良いです。スポーツをして一生懸命汗を流す女性の姿も健康的で良いイメージです。音楽やスポーツはそれを通して精神面を鍛えたり、また逆に自分をリラックスさせることになり内面を磨く女磨きとして良いと思います。

 

婚活において男ウケを良くする女磨きとは、例えば花嫁修業などを通して内面を磨くこと。そして内面を磨くことを続けていれば必ず外見にも表れてきます。女性の内面の美しさは外見にもいずれ反映されるものです。だから内面を磨いて欲しいのです。

 

外見を磨くことが間違いであるわけではありません。外見ばかり磨くと内面を磨くことがおろそかになりがちになってしまうのです。女性として内面から輝くものを身につけることこそが、本当の女磨きと言えると思います。そうすれば婚活だけではなく女性の人生そのものが一層良いものとなるでしょう。

 

婚活のためにならない女磨きとは

婚活のためを考えると、それはやってもあまり意味無いだろうという女磨きもあります。それはなぜ女性が結婚できないのかということにも繋がってきますので注意しましょう。

 

基本的にそれをやっている女性の姿を男性が見て、良いと思うかどうかがポイントです。例えば女性が一生懸命に料理している姿と、一生懸命ネイルを磨いてもらっている姿とではどちらが男性ウケするでしょうか?それは一目瞭然だと思います。このように今自分がやっている女磨きを男性目線で見直すことがまずは必要です。

 

婚活で女磨きが役に立つのは二つのパターンがあります。
一つ目は内面を磨くことによって得られる美しさ。それは内面だけではなく外見にも反映され、男性から見ても女性から見ても輝いている女性の魅力となります。

 

二つ目はアピールポイントとしての活用。女磨きと呼ばれるものは趣味などに繋がり、プロフィール紹介や会話のネタとなります。その際にいかに自分をアピールできるものとして役に立つかがポイント。例えばピアノ。「趣味がピアノです」と言われると誰でもまずはその女性がピアノを弾いている姿を想像するでしょう。そうやって相手の男性に自分の女性らしい姿を想像させ、印象に残すことができるのが良い女磨きなのです。だから女磨きそのものに男性目線から見た女性らしさが必要なのです。

 

相手の男性に一生懸命ネイルサロンに通っている姿を想像させても何の意味もありません。男性ウケを考えた女磨きをしましょう。美容に関することも良いのですが、そこにお金をかけると果てしなくお金は必要です。それよりは内面を磨くことを心がけて欲しいのです。

 

なぜ女磨きを頑張っているのに結婚できないのか。まずは女磨きの見直しが必要ですが、自己満足の女磨きはなるべく止めましょう。結婚したいと思うなら、です。自己満足のための女磨きでは無く、誰かに見てもらうための女磨きと捉えた方が良いと思います。誰かとはもちろん未来の旦那様です。まだ見ぬ未来の旦那様のためを考えれば、結婚したらそんなに美容にお金はかけられませんよね?未来の旦那様のためなら苦手な料理も克服しようと思いませんか?

 

今はまだ女磨きが身を結んでいなくても、誰かのために頑張っていれば必ずそれは身を結びます。がむしゃらに女磨きをするのではなく、目的をしっかりと持った女磨きをしましょう。自分の未来の旦那様のために何をしてあげたいか、それを考えて女磨きをしましょう。

 

女性に一番必要な女磨きとは

ここまで婚活に必要な女磨きについて説明してきました。では最終的にどんな女性を目指すことが女磨きとなるのか。どんな女性が婚活においてモテ女子なのかを参考に女磨きを考えましょう。

 

婚活で一番モテるのはお嫁さんにしたい女性です。すべてはここに繋がります。男性によってもこういう嫁が良いという好みはあると思いますが、基本的な形もあります。とにかく男性が考えるお嫁さんにしたい女性についてよく見てみましょう。

 

習い事や趣味はたしかに女磨きとして大切なのですが、一番重要視して欲しいのは「気が利く女性になること」これが一番です。気が利く女性がお嫁さんにしたいナンバーワンとなります。そして気が利く女性になるためにはこれといって習い事などは必要ないのです。気が利く女性になるための講座なんて探してもありません。いえ自己啓発などのマニュアルではあるかもしれませんが、マニュアルなんて必要ありません。

 

気が利く女性になるためには日々の生活の中での修業が一番鍛えられるのです。婚活している女性のほとんどが社会に出て働いていると思います。その社会の中でこそ気が利く女性は鍛えられます。OLでも営業職でもサービス業でも何でもです。気が利く女性になるためには特別な習い事などは必要ありません。今あなたがいる環境の中でも十分に鍛えられるものなのです。

 

だから女磨きとは、特別な何かをするのではなく日々の生活の中でできるものなのだということを忘れないで下さい。もちろん習い事や趣味が役に立たないという訳ではありません。そういったことも必要ですし、そこで身に付いたものはそれはそれで財産です。それらも立派な女磨きです。

 

けれども婚活のために一番必要なのは気が利く女性になること。気が利くということは女性に一生求められます。仕事をしていてもそうですし、結婚してからもそうです。結局それができていないと女性として上手くいかないことは山ほどあるのです。

 

女磨きをひたすらして見た目もすごい美人で趣味も仕事も充実している女性が、実は男性の前ではとんでもなく空気の読めない女性だったら結婚できません。見た目はそうでもなく仕事もあまり出来ないけど、男性に対して良い気配りができて家庭的な女性なら絶対結婚できます。結婚とはそういうものなんです。

 

つまり気が利く女性になるよう日々頑張ることが一番大切なのだということ。女性は常に忘れないで下さい。そうすれば永遠に愛される女性になれるはずです。

 

結婚の目的

結婚というものを現実的に考えると、職業、年齢、兄弟関係など
様々な条件が絡み合って楽しくないものになってしまいます。
たしかに、婚活において現実的にそれらを考える作業は必要です。

しかし最終的には出会った二人の相性の問題。

男と女はそれだけで考え方は違うし、一緒に生活するのはもっと大変。

結婚に必要とされるエネルギーは甚大なのです。

そのエネルギーを捻出するためにも、愛のある結婚ができるように努力すること。

それが一番です。

 

お金もたしかに必要ですが、お金は働けば稼ぐことができます。

働くためにはエネルギーが必要です。

エネルギーを出そうと思ったら原料になるものが必要です。

愛はそのための原料です。

空想めいた話に聞こえるかもしれませんが、
これが一番に現実的に結婚に必要なものです。

 

婚活も今や当たり前。

世の中不況で男性には高収入よりも安定した収入を求める時代。

けれどもそれは、時代のニーズに合わせて表面的な事が変化しただけです。

本質的には変わりません。

今も昔も変わらず、私達は愛のある結婚に憧れてやまないのです。

ただそれを忘れがちになってしまうだけ。

仕事、趣味、恋愛と常に忙しい世の中で、特に婚活をしていれば
どんどん分かりにくくなってしまう本当の目的。

本当は皆わかっているはずです。

結婚でも何でも、愛さえあればなんとかなる、と。

 

しかしそれが一番難しい問題でもあります。

愛には形は無いし、婚活や結婚の段階でそれがわかっているのかと聞かれると、
少なくとも私はわかっていなかったと思います。

いつの間にか、二人の間に見えない絆ができていて、
それが何か分かるには相当時間がかかるのではないでしょうか。

 

婚活にとらわれ過ぎて、または結婚にこだわり過ぎて
本当に大切なものを見失わないようにしましょう。

形にできなくても、心で感じることはできます。
少しでも気になる人とは、積極的に話をすること。

愛のある結婚をしましょう。

それが婚活の最終目標であり、全ての始まりでもあるのです。

楽しい想像をして下さい。

結婚は人生の墓場などではありません。

結婚して愛をはぐくむことは何より素敵なことです。

それを忘れないで。婚活もそれを忘れずに、努力して下さい。

 

男性から見る結婚相手に望むもの

どうしてもこれだけはゆずれないという、
結婚相手に望むものは一人一人違うと思います。
けれども一つ一つの事柄は違っても、根底にあるものは共通しています。
それを男女ごとに見ていきましょう。

 

夫婦共働きの時代になっても、
女性が家事をしなければならないという現実は変わりません。
男性も手伝ってくれたり、ある程度の家事の分担はできるとは思いますが、
根本的には男性は家事が苦手です。
出産、子育てを考えれば
女性が家事の大半を背負わなければならないのは当然の事。
男性が女性に基本的に望むものは家事ができることです。

 

全てにおいて完璧に家事をこなさなければいけないということは
無いと思いますが、最低限のことはできないと結婚相手としては捉えにくいです。
婚活においても家事が全くできない女性は完全にマイナスイメージ。
とにかく嫁入り修行から入らなければ、
婚活の土俵にも上がることができません。
女性は炊事、掃除、洗濯は一通りはできるようになっておくのが
当たり前のことです。
苦手としている人は今からでも家事の練習を。
料理教室など結婚に繋がる習い事を検討してみるのもいいでしょう。

 

男性が結婚相手に望むものはもう一つあります。
既婚者男性に聞いたあるアンケートでは、
夫が妻に望むことの一位は「体型の維持」でした。
ものすごく現実的で、辛辣な願望ですね。
それだけ難しいという事かもしれませんが、
家事ができるかどうかよりもこちらの方が順位が上というのは
女性としては何か切ないです。

 

女性は特に出産すると体型が変わってしまいます。
きちんと努力しなければ、元の体型に戻る事は不可能です。
子育てをしながらその努力をするのも大変な話。
体型の維持は非常に困難な問題です。


しかし要は体型の維持という問題だけではなく、
女性は結婚しても出産しても、
常に女性らしくあって欲しいという男性の願望なのだと思います。
それができなくても仕方が無いかもしれませんが、
女性は出来得る限りは努力すべきでしょう。
少しでも努力して、少しでも綺麗な奥さんでいる事が、
夫婦がずっと仲良くできる要因のひとつとなると思います。
女性は大変ですが、頑張りましょう。

 

女性から見る結婚相手に望むもの

今度は女性の場合です。
女性こそ、望むものは一人一人違うと思います。
けれどもそこで間違った選択をすると、良い結婚ができないと思います。
望むものはよく考えましょう。

 

いくら夫婦共働きの時代でも、
女性はそこまで男性に家事の負担は求めていないと思います。
特に、婚活の時点では。
婚活においてそれを条件にしてしまえば明らかに弊害になります。
家事は絶対手伝って欲しい、と言われて喜ぶ男性はあまりいません。

 

女性が一番に望むことは安定した収入です。
出産、子育てを考えると自分が仕事をしていたとしても、
休職、あるいは退職しなければならなくなります。
そうなれば夫の収入だけで生活しなければならない、
男性の収入なしに結婚は考えられません。
特に今は不景気ですから、高収入よりも安定した収入の方が好まれます。
ハイステイタスな男性が多く参加する婚活パーティーが人気なのも
こういった背景が挙げられますね。

 

これではまるで夢の無い様な話に聞こえるかもしれませんが、
婚活、結婚を考える上では避けてはならない問題です。
また、女性は必ずお金の事を考えなければなりません。
無計画な出産、出来ちゃった結婚は金銭面で避けるべきです。
まずは貯蓄をしてから計画的に考えましょう。
お金があれば全てが上手くいく訳ではありませんが、
お金が無いと上手くいくように動く事も出来ません。

 

男性に望むことはもうひとつ、
これは収入の面とも関係がありますが、健康であることです。
男性は健康的な方が、婚活女子にとっては魅力的です。
健康でなければ働けません。
男性が病弱で、仕事もろくに出来ないような状態では
なかなか結婚は難しいです。

また、子孫を残そうとする本能からも、健康的な遺伝子を男性には望みます。
より優秀な遺伝子を求めようとするのはメスの本能です。
女性は本能的にも、
健康な男性を結婚相手として選択しなければならないのです。

 

女性は結婚相手には、現実的に結婚生活がどの様なものになるかを
よく想像しておかなければなりません。
それによってその結婚が良いものになるか悪いものになるかは決まります。
ハードルを高くするのではなく、より現実的に考えることが大切です。

 

結婚に早く辿りつくためには

結婚観や結婚に対する考えも、人それぞれです。
しかし婚活をしているのならば、皆共通に早く結婚したいと思っています。


年齢や状況に追われて早く結婚したい人たちは、
どうやったら早く結婚できるのか。

婚活パーティーよりは結婚相談所に行った方が良いのか、
あるいは一対一のお見合いが良いのか。
とはいえ、結婚に真剣な参加者が多い婚活パーティーがあるとも聞く。
選択肢が多いだけに、難しいところです。

 

結婚を早くしようと思うなら、
結婚願望の強い相手を選ぶこと、これが一番です。
結婚願望が強ければ判断は早いです。
結婚相談所などもハードルが高いことなどを考えると、
結婚願望が強い人達が集まっていることは期待できます。

 

けれども、一番大切なのはやはり会った時に
「この人と結婚したい」と思えるかどうか。
いくら条件が良くても会った時に、
相手に対して何も興味がわかなければ恋すら始まりません。

結婚相談所などを利用するのも良いですが、
一番は様々な人に出会う事が良い事だと思います。
婚活は自分の社交関係を広げるには最適な出会いの場所です。
自分の結婚相手はもちろん大事ですが、
まずは様々な人との出会いを楽しみましょう。

 

婚活する人はまず、自分の身の回りには出会いが無いから、という
理由の人が多いのではないでしょうか?
職場と家の往復の毎日では確かに出会いは少なくなります。
そこで利用しているのが婚活のはず。

では出会いをもっと活用して、多くの人と出会い、会話してみましょう。
そうすることで自分も磨かれ、自然と結婚相手を探しやすくなります。

 

何事も経験と実績が必要。婚活もまた然り。
経験をこなさなければ、実績には辿りつけません。
結婚に早く辿りつくためには、地道に人との出会いを繰り返して
実績を積むことが一番です。

早く結婚したい気持ちは当然皆同じです。
けれども一番に考えなければならないのは、速さよりも質の問題。
早く結婚出来ても、早くそれが終わってしまっては何も意味がありません。
まずは地道な出会いを大切にし、その上で結婚を考えることを大切にしましょう。

 

優しい男性をアピールするためには

「好きなタイプは?」と聞かれて女性が良く答えるのが「優しい人」。
女性は男性に優しさを求めています。
婚活している女性なら尚更。
婚活でこそ本当に優しい男性に出会いたいと思っています。

 

ではその女性が求める男性の優しさとは何なのか。
女性にとって優しさとはイコール愛です。
愛を求めているから優しさを求めるのです。
つまり男性がどれだけ優しさを表してくれるかによって、
相手の愛情を測っているのです。

 

じゃあとりあえず優しければいいのか、それは違います。
表面的な優しさと本質的な優しさは違います。
婚活している女性が求めているのは本質的な優しさ。
本当に自分を愛してくれるかどうかを優しさで探っているのです。

 

とはいえ、男性にはこういったニュアンスは伝わりづらいと思います。
自分では何が本当の優しさで、何がそうではないのか分からない人がほとんど。
ですからまずはこういった行動が女性には優しさと判断される、
というのを学びましょう。

 

その一、レディファースト。
古いやり方の様ですが、意外と女性にウケます。
なぜなら日本人でこういった行動がさりげなくできる人は少ないから。
レディファーストがさりげなくできると女性は単純に喜びます。
そういう何気ない行動にこそ女性は優しさを感じ取ります。

 

その二、道路側を歩く。
ベタだと思われやすいですが、ベタでもこの行動は女性にとって嬉しいもの。
危険から守ってくれるという男らしさのアピールになります。
覚えておいて下さい。

 

その三、連絡はマメに。
一旦連絡先を交換したら、女性との連絡はマメにしましょう。
どんな時間帯でも良いです。
毎日何回も連絡するのはうっとおしいですが
せめて二、三日おきには連絡しましょう。
できれば簡単なメールを毎日送ってくれたりすると女性は優しさを感じます。
毎日自分のことを気にかけてくれているんだ、という風に女性は感じます。
そもそも初対面同士で出会う婚活では、
連絡がマメにないと相手のことを信用できません。
どれだけ忙しくてもメールの一通ぐらい送れるはずです。
連絡はマメにしましょう。

 

基本的にまずは以上三点を押さえておきましょう。
表面的なことですが最初はこういった男性の行動が女性は優しさと捉えます。
最初だからこそこういったわかりやすい行動で
優しさを表現することが必要
なのです。
恥ずかしがらずにまずは行動に起こして優しさをアピールしてみて下さい。
女性が求めている優しさとは、意外と単純に表現できるものです。

 

女性が求める本当の優しさとは?

女性が本当に求めているのは愛です。
優しさはその延長。
婚活にあたって、女性は永遠に自分のことを愛してくれる男性を探しています。

見た目も職業も年収も性格も、本当はどうでもいいはず。
結局は結婚し、永遠に愛してくれる男性を求めているからこそ
優しさを求めるのです。

 

しかし日本人は愛情表現が下手。
私達はアメリカ人の様にキスやハグを日常的に行って
愛情表現をすることはありません。
だから本当は愛があるのに、それを表現するのが下手だから
上手くいかないことはよくあります。
特に男性の方がプライドなどが邪魔して愛情表現は乏しくなりがちです。

 

だからこそ分かりやすい愛情表現が求められます。
「好き」「愛してる」などの言葉の効果は絶大。
わかっていても言わなければいけない時は、
男性が思っているよりも実はたくさんあるのです。
少なくとも婚活している女性は、そういったストレートな
愛情表現を必要としています。

男性は婚活ではストレートに愛情表現して下さい。
それが一番効果的です。

 

婚活で男性が期待されている本当の優しさの表現とはそういう明確なもの。
ちなみに婚活で出会った女性には、なるべく早く明確な結論を出しましょう。
ずばりデート三回以内。
三回目には必ず結論を出しましょう。

 

その時までにピンと来なければ後は何回会っても同じだと思います。
好きなら好き、そうでは無いならそうでは無いと素早い決断を出しましょう。
たとえ悪い結果でも、早目に判断する方が女性にとってはプラスになります。
いつまでたってもぐずぐず結論を出さない方が婚活の弊害になります。
婚活では男性には明確なものが求められるのです。

 

それに反して、恋愛における曖昧さには確かに誘惑はあります。
関係性を曖昧にしておく方が精神的にはラクですし楽しめます。
しかしこれは婚活。
男性に求められているのは曖昧さではありません。
女性が求める本当の優しさを忘れないで下さい。
時には明確な判断を下すことが優しさに繋がるのです。

 

男性にとってストレートな愛情表現が苦手なのはわかります。
けれども女性にとってはそれが真の優しさと捉えられるのです。

ストレートに言わなくてもわかって欲しい、それもわかります。
しかしわかっていてもストレートに言って欲しいのです。
恥ずかしいのをこらえながら言ってくれることでまた、女性は愛を感じるのです。

 

女性が求める本当の優しさ、それは愛であるとふまえた上で
明確な愛情表現を心がけて下さい。
婚活でこそ単純に「好きです」と告白するのが一番なんです。

 

間違った優しさとは?

男性には優しさの意味を間違えている人が少なくありません。
婚活において女性が求めている優しさとは愛であり、そのための優しさです。

つまりは自己犠牲の精神こそが求められています。
結婚にあたって男性がそうであるように、
女性も生涯を自分に捧げてくれる覚悟のある人を探しているのです。

 

自己犠牲の精神とは恋愛において言えば「尽くす」ことです。
尽くされることが嫌いな人はいないと思います。
それは女性においても同じこと。
尽くされることによってまた、愛情を感じるのです。

 

ですがやはり男性には尽くすタイプはあまりいません。
尽くすタイプがモテるとかそういった意味では無いのですが、
相手に尽くす気持ちを少しでも理解していないと
本当の優しさを理解できません。
尽くすことができないと、優しさの意味をはき違えてしまうのです。

 

結局、自分に見返りを求める行動は優しさとは言わないということ。
見返りを求めないものが本当の優しさであり愛なのです。

例えば婚活の場合でも、男性がお店も探して会話も頑張って盛り上げて、
さあこれできっと相手も満足なはず!
そんな風に決めつけたりはしていませんか?
女性の反応を本当に確かめていますか?

残念ながら自分が頑張ったからと言って
それがそのまま女性の反応に繋がるとは限りません。

そういう風に見返りを求めているような態度で頑張っても、
それは女性の心には響きません。

 

男性は頑張った上で女性はどういう風に思ってくれただろうか、
とまずは考えましょう。
これだけ頑張ったのだから女性ももちろん満足なはず、
そういった思い込みは男性の態度や行動に表れます。
女性はそういった態度や行動には敏感です。

 

頑張るのは当然良いことです。
ただそれを自慢しないこと。
自慢とは思っていなくても、相手に見返りを求めると
それはもう優しさではありません。

 

今まで婚活が途中までは上手くいくけれども、
なぜか途中で終わってしまうということはありませんか?
それにはこういった優しさを間違えた行動が関わっていることが多いのです。

女性も婚活の最初の段階ではわかりにくいのですが、
徐々に男性の行動が本当に優しいからなのかどうかはわかってきてしまいます。

 

自分勝手な優しさと、自己犠牲の優しさは別物である
ということを忘れないで下さい。
本当の優しさを理解していないと、結婚までは辿りつけないことが多いです。

そして本当の優しさを知っている人こそが、
婚活でも成功し、そして良い結婚生活を歩めます。
本当の優しさを理解し、行動してみて下さい。

 

間違った優しさとは?

婚活のゴールは結婚です。
では結婚に繋げていくための男性の優しさとはどんなものでしょうか。

 

女性は婚活の間常に男性に対して結婚をイメージしています。
そのイメージが具体的に浮かぶ相手とこそ結婚したいのです。

ですから婚活で男性は女性に対して、
結婚後はこういう風に女性に対して優しくしますよ、というのを
アピールするのが良いです。
イメージが具体的に浮かべば浮かぶほど、
女性は男性に対して結婚を意識していくものです。

 

まずは家事について。
共働きの現代は家事も男性が手伝うのは当たり前の時代。
全てをしなければならない訳では無いですが、
手伝う姿勢は必ずアピールしましょう。
例えば何気ない会話の中で「料理が得意」や「掃除や片付けは手伝う」
と出てくると、女性は即座に反応します。
何かが得意では無くても良いです。
必ず「家事を手伝う」という姿勢は見せましょう。
それだけで婚活においては男性の好感度はぐっと上がります。

 

次にどういう夫婦になりたいかについて。
大体の女性はいつまで経っても手をつないで歩く様な仲の良い夫婦が理想です。
ですから何歳になっても恋愛中と変わらないでいる、
というのが女性が男性に求めている優しさ。
女性は何歳になっても女性として扱って欲しいもの。
それはもちろん夫に一番に求めることです。
婚活中の今では想像しにくいかもしれませんが、
女性に対してはそういった将来を見据えたアピールが必要となってくるのです。

 

最後は女性へのサービス精神のアピール。
自分と結婚したらこんな良いことあります、というような
自分オリジナルの何かを示しましょう。

例えば妻を労って年に一回は旅行に行くとか、
記念日には必ずディナーに行くとかどんなことでも良いです。
結婚したら女性のためにこういうことをしますよ、
というのは具体的に考えておきましょう。
どんな些細なことでも良いです。
女性はそういったサービスは大好きです。

 

つまり、男性も結婚後についてはなるべく具体的なイメージを
持っていた方が良いということ。
ちなみに男性と違ってほとんどの女性は、必ず結婚後の生活などに関しても
具体的なイメージを持っています。

ですから男性も同じように具体的にイメージを持っていてくれると、
女性は単純に喜びます。
特にそれが女性を助けてくれる様なイメージであると
「この男性は結婚後もずっと優しくしてくれる」と女性は思います。
そういう良いイメージを女性にアピールすることが重要なのです。

 

もちろん結婚してから全てがイメージ通りに行く訳ではありません。
むしろ行かないことの方が多いです。
けれども相手に対する優しささえ間違わなければ、
結婚は良いものになっていきます。

それを覚えておいて下さい。

 

良い結婚とは

夫婦の形は人それぞれです。
結婚観も男女差があるのはさることながら、
男性も女性も同じ人間がいない様に、
夫婦もまた二つとして同じ形はありません。
良い結婚とは何なのでしょうか。

特に女性には、理想とする夫婦の姿はあると思いますが、
現実はまた別問題です。
婚活では理想を追い求めるだけでは上手くいきません。

現実的に良い夫婦になろうと思うなら、徹底的に相性の問題を考えることです。
人それぞれ違うからこそ、
それぞれのパートナーにも合う、合わないがあります。
理想の相手を探すのではなく、
自分に合ったパートナーを探すことこそが良い結婚です。

 

離婚の原因に、価値観の違いは良く取り上げられます。
価値観が合うかどうかは生活を一緒にしていくに当たっては
非常に重要な事だとは思いますが、一緒に住まなければ、
結婚してからでなければ分からないことも沢山あります。

つまり婚活の間に、どれだけそういった話をするかは重要です。
何気ない会話の中にも、相手の価値観は表れます。
そういった情報をもとに、自分に合うパートナーを探すことが
良い結婚へと繋がります。

 

本質的に合っている、というのが良い夫婦だと思います。
言葉では表しにくいことですが、
本人達も気付いていないことは多いのです。
表面的に相性ばっちりに見えても家の中では冷めきっているとか、
その逆もまたあり得ます。

趣味や好みが共通でもそうでなくても、
本当に心を通わせることができるかどうかが何より良い夫婦の証です。
表面的な事にはとらわれず、本当の心の結びつきが重要なのです。

また、良い夫婦というのは年を重ねてこそ作られるものでもあります。
最初は上手くいっていなかった夫婦が、
何十年も後に良い夫婦になっていることだってあり得ることです。
それは何十年もかけて夫婦が作り上げた確かな心の結びつき。
それもまた、良い夫婦の形です。

 

合う、合わないというのは非常に複雑な問題です。
人それぞれに形は違い、時間が経っても変化します。
現実に相手と直面しなければ、
また直面した本人でなければ分からないことです。
良い結婚とは、形が無いもの。作り上げるものであり、育むものなのです。

 

<<コラム一覧へ戻る

パーティーパーティー

今週・来週開催の婚活パーティー

PARTY☆PARTY

PARTY☆PARTY

上場企業IBJが直営しているから安心。最大50%割引あり。早めの申込がオススメ

>>詳細

シャンクレール

シャンクレール

目的・条件に合わせてパーティーが選べる。 20代の女性が多く参加している。

>>詳細

otocon婚活パーティー

おとコン

結婚に真剣な30代~40代男女に人気。料金安め。

>>詳細

>>全ての婚活パーティー業者を見る

新しいスポーツ婚活!バスケ観戦×パーティー

今月の婚活イベント

日時:2017年3,4月
場所:ボルテックススポーツカフェ(渋谷)
費用:男 7,800円 女 4,600円

>>このパーティーの詳細を見る

その他の婚活イベント

個室お見合いパーティー(25歳男性)

スマホde婚活体験談(27歳女性)

恋活パーティー体験談(32歳男性)

婚活イベントパーティー体験談(32歳男性)

アラサー限定の婚活パーティー(31歳男性)

タブレット式婚活パーティーへ(33歳男性)

35歳細マッチョ男子のお見合い体験談

25歳女子のPARTY☆PARTY体験談

メガお見合い体験談(男性)

おとコン体験談(28歳女性)

飲み会風合コン婚活…(28歳男性)

婚活パーティーをハシゴ(33歳男性)

オタク向き婚活の体験談(26歳女性)

個室メガお見合い体験談(29歳男性)

スイーツ付きパーティー(27歳女性)

総勢60名!大規模婚活(32歳男性)

その他の体験談

アラフォー婚活 バツイチ婚活 婚活パーティーコンシェルジュ